オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを作ってみた

いざオリジナルTシャツを作ろうとおもっても初めて作る場合は戸惑うことが多いのではないかと思います。

 

ここでは私が実際に注文したオリジナルTシャツ作成会社を例にレビューを書いてみてみます。
オリジナルTシャツを作りたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

まずオリジナルTシャツを作る場合のショップの選び方ですが、ネットを検索すると多くのショップが表示されます。この中からどのショップでオリジナルTシャツを作れば良いのか正直迷うと思います。
一般的には検索上位に表示されたショップで頼む事になると思いますが、上位に表示されたから良いショップという訳ではないのでその辺は注意しなければなりません。
私の場合は実際に幾つかのショップに実際に注文してみた結果から今回レビューした「オリジナルTシャツ作成会社」を選びましたのでTシャツが納入されるまでスムーズにやりとりすることができました。
実際に注文してみたショップの比較レビューに関してはこちらでは書きませんが詳細に関しては「オリジナルTシャツ比較サイトTシャツマニア」をご覧ください。

 

オリジナルTシャツ作成会社の注文の流れ

 

そもそも何故オリジナルTシャツを作ろうという話になったかと言うと子供の少年野球がきっかけなんですが…。

 

「高円宮賜杯第33回全日本学童軟式野球大会地区予選優勝!」

 

たかだか地区大会を優勝したくらいでオリジナルTシャツを作るなんてと思う方もいらっしゃるとは思いますが弱小チームですので優勝なんて滅多なことではありません(笑)
子供たちの頑張りと親達の喜びの記念に作ろうという話で盛り上がったわけなんです。

 

話が最初から逸れましたが私が実際にオリジナルTシャツ作成会社へ注文した流れを説明してみます。

 

まずはオリジナルTシャツ作成会社のサイトで「はじめての方へ」→「無料で簡単見積もりをする」のバナーから見積もりをしてみてください。
「無料で簡単見積もりをする」のバナーをクリックすると「無料お見積もりフォーム」が表示されますので必要事項を記入して送信。
これだけでおおよその見積もり金額がメールで届きます。
私の場合はフォームから見積もり依頼を送信した5分後にはオリジナルTシャツ作成会社の担当者から着信がありましたので対応についてはかなり早いと感じました。
見積もり時は注文枚数やTシャツの素材については仮ですので、それほど神経質になる必要はないと思います。
またデザインについても決まっていれば詳しい見積もりが出ますが、この時点でデザインを決める必要はありません。追々で大丈夫です。

 

見積もり金額が出てから正式な注文枚数やデザインを決めることになります。
注文枚数はこちら側の問題ですのでメールとか注文用紙を回覧して最終的な注文枚数を把握しておいてください。
使うTシャツの素材に関してはオリジナルTシャツ作成会社の担当者と相談するのが一番手っ取り早いですが、私の場合はスポーツ少年団の応援と練習の両方に使える素材ということでドライ系のものを選びました。
これがイベント用とか学園祭用として使う場合はヘビーウエイトとかスタンダードのTシャツの方が良いかもしれません。まぁこの辺も担当者に相談すればBESTの物を教えてもらえます。

 

オリジナルTシャツのデザインについて

 

で、問題なのがデザインとなるとおもいます。
これは初めて頼む方というかデザインを担当する方にとっては頭が痛いことだと思います。(私もでしたが…)オリジナルTシャツ作成会社でもいくつか定番のデザインは準備されてはいますが、せっかくオリジナルのTシャツを作るのであれば自分たちで決めたいというのが本音だと思います。
基本的にデザイン原稿は

 

・パソコンデータで入稿する(Illustrator/Photoshop)
・パソコンデータで入稿する(Word/Excel 画像DATA等)
・手書き原稿で入稿する

 

この3つから選べますがIllustrator/Photoshopで入稿する以外の場合は納期や料金にかなり影響してきます。
(IllustratorやPhotoshopでデータを送れと言われても仕事で使う人以外は一般的なソフトではありませんので難しいかもしれません。)
画像データや手書きの場合はオリジナルTシャツ作成会社でデザインを起こす必要がありますので、その分の作業時間がかかるのとデザイン料が発生する場合があります。
急いでいる場合や料金をあまりかけたくない場合やどうしてもデザインを自分で作れない場合は先のオリジナルTシャツ作成会社で準備している定番のデザインを使うか、私が作ったオリジナルTシャツの様に文字をデザインとすることになると思います。

 

 

これが私がオリジナルTシャツ作成会社に入稿した原稿となりますが文字が中心のデザインですので絵心がなくても問題ないデザイン?となります。
(私の場合少しだけIllustratorを使ってますが)
これは画像として入稿していますので何のフォントを使ったとか細かい指定は必要でしたがIllustratorやPhotoshopを使った事が無い方でも比較的容易にデザインを入稿できると思います。
このデザインを基にオリジナルTシャツ作成会社と打ち合わせしつつ最終的なオリジナルTシャツを作っていくわけです。

 

これが最終的なデザインとなりますがTシャツの色を変えたことで文字の色などが若干変更になっています。

 

オリジナルTシャツを作る上で一番しんどいのがデザインを完成させることですのでデザインさえ固まれば後は正式に注文するだけとなります。
これでほぼ自分の作業はほぼ終了となります。

 

後はオリジナルTシャツが手元に届くのを待つだけです。
簡単ですがさらっとオリジナルTシャツ作成会社でのオリジナルTシャツの注文の流れについて書いてみました。
価格や納期、品質などの詳しいレビューに関しては別の頁にまとめてありますので、そちらをご覧ください。

 

最終的な料金については47枚注文で

 

合計 89,283円
1枚あたり 1,899円
注意)2014.3.31までの価格です。現在は消費税がUPしたことにより価格が変わります。

 

となりました。今回の条件でオリジナルTシャツを注文した場合の平均的な金額は1枚当たり2,000円程度となりますので、この金額は他のショップと比べても平均的な価格より若干安い価格となります。

 

オリジナルTシャツ作成ショップのサイトを見るとかなり安い価格が提示されていますが、あれは色々な条件を満たした場合であって一般的な価格ではありません。
これはどのオリジナルTシャツ作成会社のサイトを見ても同じです。

 

あくまでも「〜」となっていますから誇大広告ではないのでしょうが正直、この金額はありえない金額です。
更に小さく「SALE Tシャツ100枚 10cmサイズ1色をプリントした場合」と記載があります。
まず、この条件で頼む人はいないと思います。広告だからしょうがないかもしれませんが私的にはあまり良い感じはしませんね。
オリジナルTシャツ作成会社については390円で作るのは正直難しいですが、今回と同じ条件でオリジナルTシャツを作った場合は他のショップに比べても安く出来るのは事実です。
この辺についても「オリジナルTシャツ比較サイトTシャツマニア」で詳しく書いていますので参考にしてみてください。

 

今回、私がTシャツを作ってもらったオリジナルTシャツ作成会社のサイトは上のバナーからどうぞ。